コンテンツへスキップ
DSC04460_R

◆園からのお知らせ◆

◆生まれ変わった岩倉こひつじ保育園で一緒に働きませんか

2019年(令和元年)

岩倉こひつじ保育園は大幅な組織変更を経て全く新しい保育園に生まれ変わりつつあります

元気いっぱいの可愛い子供たちとともに素晴らしい保育園をつくりましょう!

採用情報をぜひご覧ください

◆園について -ABOUT-

  • 法人名 社会福祉法人 恵会(めぐみかい)
  • 住所 〒606-0022 京都市左京区岩倉三宅町58-2
  • TEL (075) 791-1234
  • メール info@iwakura-kohitsuji.jp
  • 園長 高橋 しづ子
  • 設立 1964年12月14日
  • 定員 150名
  • 最寄り駅・バス 叡山電鉄 鞍馬線 八幡前(はちまんまえ)駅下車 徒歩1分
  •   京都市バス 上高野 下車徒歩5分
      京都バス  八幡前 下車徒歩2分
  • 施設 1号館、2号館、運動場、遊びの森(総合遊具)、
    駐車場(送迎利用可)、駐輪場
  • 敷地面積:1761.83㎡、園庭面積:1201.83㎡

◆クラス紹介 -CLASS ROOM-

0歳児 つくしぐみ

準備中

1歳児 ももぐみ

準備中

2歳児 さくらぐみ

準備中

3歳児 ばらぐみ

準備中

4歳児 すみれぐみ

準備中

5歳児 ゆりぐみ

準備中

◆園長より -GREETING-

|保育理念

準備中

|保育目標と目指すこども像

「あー、楽しかった!」

「あしたもまた、遊ぼう♪」

と言える保育を目指しています♪


 当園は、子どもの気持ちに寄り添い、共に考え、悩み、

「どうしたらいいのかなあ?」

「その考えも面白いね」「やってみよう!」

と考える子どもたちを育てていきたいと思っています。


そのためにも子どもたちとコミュニケーションを取ることを大事に保育しています。

保育士同士もコミュニケーションを取り、自分の考える保育等を仲間に伝え、

意見交換し、子どもたちが笑顔になれる、

そんなワクワクドキドキする保育を考えています。

| 保育内容

  • 受け入れ年齢 生後8ヶ月~就学前
  • ※月齢が足りなくてもお預かりできる場合があります
    詳しくはお問い合わせ下さい

  • 開園時間 月曜日~土曜日 7時30分~18時30分
  • 休園日 日曜日・祝祭日・年末年始・年度末・夏季
  • 障がい児保育 申込み時、福祉事務所、保育園で面接を行い、集団保育が可能なお子さんを受けいれています
  • 保育園料について 保育料は京都市において決定、徴収されます(銀行引き落とし) 但し、次の費用は当園にて納めていただきます。 1.延長保育料 2.教材費(個人用)3.その他必要経費(例:園外保育の交通費、幼児主食費、プール水道代など)

|クラスと職員構成

クラス名 つくし もも さくら ばら すみれ ゆり
年齢  0   1  2   3  4   5
児童数  4   7   16  24   21  22
園長副園長正保育士フリー保育士調理員事務・その他
1 1 11  5 3  2

◆園での生活 -DAY-

| 園の一日と年間行事

・園の一日
7:30 順次登園、自由遊び
9:00 片付け 園庭にて自由遊び
10:00 散歩、園庭遊び
10:30 ミルク、離乳食(0歳児)
11:00 午睡(0歳児)給食(1歳・2歳児)
11:30 午睡(1歳・2歳児)給食(3~5歳児)
13:00 午睡
15:00 おやつ
16:00 帰りのあいさつ、自由遊び、順次降園
18:00 時間外保育
18:30 保育終了
・年間行事
1月  
2月 作品展 豆まき マラソン
3月 お別れ遠足 お別れ会 卒園式
4月 入園式 進級式
5月  
6月  
7月 プール開き お泊り保育(年長)
8月 盆休み プール仕舞い
9月  
10月  
11月 芋ほり遠足 秋まつり※保護者会主催
12月 生活発表会 お餅つき クリスマス会
  ※各月に園外保育 お誕生日会
     発育測定 避難訓練

※この他に専門講師を迎えての体操教室(幼児は毎週、乳児は隔週)があります

 

◆給食 -MENU-

当園では給食・おやつを手作りしています

旬の野菜や果物を子ども達に見てもらい、触ってもらいながら、五感を通して季節を感じてもらえるよう心がけています

『3歳までの食経験がその人の一生の味覚を左右する』と言われています

私たちは、給食を通していろんな食材を使い、まずは『食べることは楽しいこと 』

、そして『食べることは生きること』だということを、子ども達に伝えていけたらと思っています

◆子育て支援 -SUPPORT-

準備中

◆採用情報 -RECRUIT-

・お知らせ

2020年度 新卒者の方の採用は【ほいこれナビ2020】からも受け付けます

既卒者、経験者の方の採用、パート、アルバイト採用については直接 園にお電話(075-791-1234)いただくか、
お問い合わせフォームよりお問い合わせください

経験者の方の給与・待遇は京都市の基準に準じます

園の概要 

法人名 社会福祉法人 恵会(しゃかいふくしほうじん めぐみかい)
設立年 1965年
施設形態 私立認可保育園
園名(名称) 岩倉こひつじ保育園 (いわくらこひつじほいくえん)
園長名(代表者名) 高橋 しづ子
住所 京都府京都市左京区岩倉三宅町58-2
アクセス 叡山電鉄鞍馬線 「八幡前駅」徒歩1分

京都市営地下鉄烏丸線 「国際会館駅」徒歩10分
通勤方法 自転車・バイク通勤可
TEL 075-791-1234
公式サイト https://iwakura-kohitsuji.jp
園児数 93名 /定員150名
職員数 22人(女性:21人、男性:1人)
職員平均年齢 36歳
職員平均勤続年数 3.2年
職員出身校 京都女子大学、佛教大学、花園大学、大阪青山大学、帝塚山大学、畿央大学、京都文教短期大学、華頂短期大学、聖母女学院短期大学、平安女学院大学短期大学部、大谷大学短期大学部、龍谷大学短期大学部、京都保育福祉専門学院、大阪保健福祉専門学校、佛教大学通信教育課程
近年の主な保育実習生受入校 京都ノートルダム女子大学、池坊短期大学、花園大学、大谷大学短期大学部、 龍谷大学短期大学、京都造形芸術大学、大阪こども専門学校
京都栄養医療専門学校
給食環境 自園で調理(当園では、給食・おやつを手作りしています。
旬の野菜や果物を子ども達に見てもらい、触ってもらいながら五感を通して季節を感じてもらえるように心がけています
その他 インターンシップ制度有り
京都市や保育園連盟主催の研修会などに随時参加しています
徒歩圏内にコンビニ、ドラッグストア、飲食店、園内に休憩室有り


募集要項 /新卒 正職員者向け

 

|募集要項

採用予定人数 2人
応募条件 元気でやる気のある人材を広く募集します
必要なピアノスキル 簡単な童謡が弾ける程度

| 給与・手当

初任給
  基本給 諸手当 合計 時間外手当
四大卒 199,760円 2,500円 202,260円 あり
短大卒 182,600円 2,500円 185,100円 あり
専門卒 182,600円 2,500円 185,100円 あり
通勤手当 全額支給
住宅手当 あり 15,000円/月まで支給※条件有
昇給 年1回
賞与 年2 回(4ヶ月)
社会保険 雇用・労災・健康保険・厚生年金
制度・福利厚生 退職金制度(勤続1年以上)
その他 給食有り 自転車・バイク通勤可

| 勤務内容

勤務時間 7:30~18:30(保育標準時間)

シフト例
7:20~15:50
8:30~17:00
9:30~18:00
10:00~18:30
休日 土曜(隔週)
日曜・祝日
年間休日 年間101日
有給休暇 10日(初年度)
2年目より11日付与。3年目は12日付与。以降7年目まで2日ずつ追加(最大20日)
月平均残業時間 月10時間未満
行事により、1日1時間程度の残業あり


※+をクリックすると開きます

◆運営 -MANAGEMENT-

役員名簿
役職 氏名 職業 任期 代表権の有無
理事長 大原 耕也 社会保険労務士・保護司 平成29年6月〜
平成31年6月
理事 木田 勝久 会社役員 同上 同上
理事 中村 昭 会社役員 同上 同上
理事 森中 勇雄 司法書士 同上 同上
理事 山田 真二 地域関係者 同上 同上
理事 石田 宗久 京都府会議員 同上 同上
監事 上田 貴治 会社代表 同上
監事 飛永 秀幸 土地家屋調査士 同上
第三者委員 川口 直也 弁護士 同上
評議員 川嵜 立貴 会社員 平成29年6月〜
平成33年6月
評議員 金田 水英 鍼灸師 同上
評議員 高橋 伸年 会社員 同上
評議員 長谷川 尚男 会社員 同上
社会福祉法人 恵会 現況報告書など
  現況報告書 収支計算書 貸借対照表
平成30年度
定款

■前文
社会福祉法人恵会は、設立理事兼初代施設長谷田清文の働きにより、昭和30年7月、宗教法人日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団岩倉基督教会の建立を起源とし、その後、昭和39年12月に社会福祉法人恵会が地域児童保育の拠点として、他の追随を許さない幼児教育の場を提供する岩倉こひつじ保育園の設置経営を目的として設立認可された。
 私たち社会福祉法人恵会は、常に前向きで研究・研修に取り組み、「・善悪の判断力を身に付ける・状況判断能力を身に付ける・礼節を重んじる心を身に付ける」を保育目標として、ひとりの「社会人」として成長できる幼児期を過ごせるように、高い理念と良い環境を保ち、不断に発展させて進んで行くものである。

■第一章 総則
(目的)
第一条:この社会福祉法人(以下「法人」という。)は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成されるよう、支援することを目的として、次の社会福祉事業を行う。
(1)第二種社会福祉事業
(イ)保育所岩倉こひつじ保育園の設置経営

(ロ)一時預かり事業(岩倉こひつじ保育園)の経営
(名称)
第二条:この法人は、社会福祉法人恵会という。
(経営の原則等)
第三条:この法人は、社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実、効果的かつ適正に行うため、自主的にその経営基盤の強化を図るとともに、その提供する福祉サービスの質の向上並びに事業経営の透明性の確保を図り、もって地域福祉の推進に努めるものとする。
2:この法人は、地域社会に貢献する取組として、子育て世帯を支援するため、無料又は低額な料金で福祉サービスを積極的に提供するものとする。
(事務所の所在地)
第四条この法人の事務所を京都市左京区岩倉三宅町58番地の2に置く。

■第二章 評議員
(評議員の定数)
第五条:この法人に評議員8名を置く。
(評議員の選任及び解任)
第六条:この法人に評議員選任・解任委員会を置き、評議員の選任及び解任は、評議員選任・解任委員会において行う。
2:評議員選任・解任委員会は、監事2名、外部委員1名の合計3名で構成する。
3:選任候補者の推薦及び解任の提案は、理事会が行う。評議員選任・解任委員会の運営についての細則は、理事会において定める。
4:選任候補者の推薦及び解任の提案を行う場合には、当該者が評議員として適任及び不適任と判断した理由を委員に説明しなければならない。
5:評議員選任・解任委員会の決議は、委員の過半数が出席し、その過半数をもって行う。ただし、外部委員が出席し、かつ、外部委員が賛成することを要する。
(評議員の任期)
第七条:評議員の任期は、選任後四年以内に終了する会計年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終結の時までとし、再任を妨げない。
2:任期の満了前に退任した評議員の補欠として選任された評議員の任期は、退任した評議員の任期の満了する時までとすることができる。
3:評議員は、第五条に定める定数に足りなくなるときは、任期の満了又は辞任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお評議員としての権利義務を有する。
(評議員の報酬等)
第八条:評議員は無報酬とする。

■第三章 評議員会
(構成)
第九条:評議員会は、全ての評議員をもって構成する。
(権限)
第一〇条:評議員会は、次の事項について決議する。
 (1)理事及び監事の選任又は解任
 (2)理事及び監事の報酬等の額
 (3)理事及び監事並びに評議員に対する報酬等の支給の基準
 (4)計算書類(貸借対照表及び収支計算書)及び財産目録の承認
 (5)定款の変更
 (6)残余財産の処分
 (7)基本財産の処分
 (8)社会福祉充実計画の承認
 (9)その他評議員会で決議するものとして法令又はこの定款で定められた事項
(開催)
第一一条;評議員会は、定時評議員会として毎会計年度終了後3カ月以内に1回開催するほか、必要がある場合に開催する。
(招集)
第一二条:評議員会は、法令に別段の定めがある場合を除き、理事会の決議に基づき理事長が招集する。
2:評議員は、理事長に対し、評議員会の目的である事項及び招集の理由を示して、評議員会の招集を請求することができる。
(決議)
第一三条:評議員会の決議は、決議について特別の利害関係を有する評議員を除く評議員の過半数が出席し、その過半数をもって行う。
2:前項の規定にかかわらず、次の決議は、決議について特別の利害関係を有する評議員を除く評議員の3分の2以上に当たる多数をもって行わなければならない。
 (1)監事の解任
 (2)定款の変更
 (3)その他法令で定められた事項
3:理事又は監事を選任する議案を決議するに際しては、各候補者ごとに第1項の決議を行わなければならない。理事又は監事の候補者の合計数が第15条に定める定数を上回る場合には、過半数の賛成を得た候補者の中から得票数の多い順に定数の枠に達するまでの者を選任することとする。
4:第1項及び第2項の規定にかかわらず、評議員(当該事項について議決に加わることができるものに限る。)の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたときは、評議員会の決議があったものとみなす。
(議事録)
第一四条:評議員会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。
2:出席した評議員及び理事は、前項の議事録に署名又は記名押印する。

■第四章 役員及び職員
(役員の定数)
第一五条:この法人には、次の役員を置く。
 (1)理事6名以上7名以内
 (2)監事2名
2:理事のうち一名を理事長とする。
(役員の選任)
第一六条:理事及び監事は、評議員会の決議によって選任する。
2:理事長は、理事会の決議によって理事の中から選定する。
(理事の職務及び権限)
第一七条:理事は、理事会を構成し、法令及びこの定款で定めるところにより、職務を執行する。
2:理事長は、法令及びこの定款で定めるところにより、この法人を代表し、その業務を執行する。
3:理事長は、3箇月に1回以上、自己の職務の執行の状況を理事会に報告しなければならない。
(監事の職務及び権限)
第一八条:監事は、理事の職務の執行を監査し、法令で定めるところにより、監査報告を作成する。
2:監事は、いつでも、理事及び職員に対して事業の報告を求め、この法人の業務及び財産の状況の調査をすることができる。
(役員の任期)
第一九条:理事又は監事の任期は、選任後二年以内に終了する会計年度のうち最終のものに関する定時評議員会の終結の時までとし、再任を妨げない。
2:補欠として選任された理事又は監事の任期は、前任者の任期の満了する時までとすることができる。
3:理事又は監事は、第一五条に定める定数に足りなくなるときは、任期の満了又は辞任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお理事又は監事としての
権利義務を有する。
(役員の解任)
第二〇条:理事又は監事が、次のいずれかに該当するときは、評議員会の決議によって解任することができる。
 (1)職務上の義務に違反し、又は職務を怠ったとき。
 (2)心身の故障のため、職務の執行に支障があり、又はこれに堪えないとき。
(役員の報酬等)
第二一条:理事及び監事は無報酬とする。
(職員)
第二二条:この法人に、職員を置く。
2:この法人の設置経営する施設の長他の重要な職員(以下「施設長等」という。)は、理事会において、選任及び解任する。
3:施設長等以外の職員は、理事長が任免する。

■第五章 理事会
(構成)
第二三条:理事会は、全ての理事をもって構成する。
(権限)
第二四条:理事会は、次の職務を行う。ただし、日常の業務として理事会が定めるものについては理事長が専決し、これを理事会に報告する。
 (1)この法人の業務執行の決定
 (2)理事の職務の執行の監督
 (3)理事長の選定及び解職
(招集)
第二五条:理事会は、理事長が招集する。
2:理事長が欠けたとき又は理事長に事故があるときは、各理事が理事会を招集する。
(決議)
第二六条:理事会の決議は、決議について特別の利害関係を有する理事を除く理事の過半数が出席し、その過半数をもって行う。
2:前項の規定にかかわらず、理事(当該事項について議決に加わることができるものに
限る。)の全員が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたとき(監事が当該提案について異議を述べたときを除く。)は、理事会の決議があったものとみなす。
(議事録)
第二七条:理事会の議事については、法令で定めるところにより、議事録を作成する。
2:出席した理事及び監事は、前項の議事録に署名又は記名押印する。

■第六章 資産及び会計
(資産の区分)
第二八条:この法人の資産は、これを分けて基本財産とその他財産の二種とする。
2:基本財産は、次の各号に掲げる財産をもって構成する。

(1)京都市左京区岩倉三宅町58番地8、58番地2、58番地11所在の鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき2階建
   岩倉こひつじ保育園 園舎1棟(461.81平方メートル)
(2)京都市左京区岩倉三宅町58番2所在の岩倉こひつじ保育園敷地(343.62平方メートル)
(3)京都市左京区岩倉三宅町58番8所在の岩倉こひつじ保育園敷地(279.56平方メートル)
(4)京都市左京区岩倉三宅町56番所在の岩倉こひつじ保育園敷地(36.36平方メートル)
(5)京都市左京区岩倉三宅町58番1所在の岩倉こひつじ保育園敷地(17.75平方メートル)
(6)京都市左京区岩倉三宅町58番10所在の岩倉こひつじ保育園敷地(35.30平方メートル)
(7)京都市左京区岩倉三宅町58番11所在の岩倉こひつじ保育園敷地(119.53平方メートル)
(8)京都市左京区岩倉三宅町62番所在の岩倉こひつじ保育園敷地(212.59平方メートル)
(9)京都市左京区岩倉三宅町62番10所在の岩倉こひつじ保育園敷地(5.29平方メートル)
(10)京都市左京区岩倉三宅町62番5所在の岩倉こひつじ保育園敷地(209.74平方メートル)
(11)京都市左京区岩倉三宅町62番12所在の岩倉こひつじ保育園敷地(14.03平方メートル)
(12)京都市左京区岩倉三宅町454番所在の岩倉こひつじ保育園敷地(48.32平方メートル)
(13)京都市左京区岩倉三宅町58番6所在の岩倉こひつじ保育園敷地(79.22平方メートル)

3:その他財産は、基本財産以外の財産とする。
4:基本財産に指定されて寄附された金品は、速やかに第二項に掲げるため、必要な手続をとらなければならない。

(基本財産の処分)
第二九条:基本財産を処分し、又は担保に供しようとするときは、理事会及び評議員会の承認を得て、京都市長の承認を得なければならない。ただし、次の各号に掲げる場合には、京都市長の承認は必要としない。

一独立行政法人福祉医療機構に対して基本財産を担保に供する場合

二独立行政法人福祉医療機構と協調融資(独立行政法人福祉医療機構の福祉貸付が行う施設整備のための資金に対する融資と併せて行う同一の財産を担保とする当該施設整備のための資金に対する融資をいう。以下同じ。)に関する契約を結んだ民間金融機関に対して基本財産を担保に供する場合(協調融資に係る担保に限る。)

(資産の管理)
第三〇条:この法人の資産は、理事会の定める方法により、理事長が管理する。
2:資産のうち現金は、確実な金融機関に預け入れ、確実な信託会社に信託し、又は確実な有価証券に換えて、保管する。
(事業計画及び収支予算)
第三一条:この法人の事業計画書及び収支予算書については、毎会計年度開始の日の前日までに、理事長が作成し、理事会の承認を受けなければならない。これを変更する場合も、同様とする。
2:前項の書類については、主たる事務所に、当該会計年度が終了するまでの間備え置き、一般の閲覧に供するものとする。
(事業報告及び決算)
第三二条:この法人の事業報告及び決算については、毎会計年度終了後、理事長が次の書類を作成し、監事の監査を受けた上で、理事会の承認を受けなければならない。
(1)事業報告
(2)事業報告の附属明細書
(3)貸借対照表
(4)収支計算書(資金収支計算書及び事業活動計算書)
(5)貸借対照表及び収支計算書(資金収支計算書及び事業活動計算書)の附属明細書
(6)財産目録
2:前項の承認を受けた書類のうち、第1号、第3号、第4号及び第6号の書類について
は、定時評議員会に提出し、第1号の書類についてはその内容を報告し、その他の書類については、承認を受けなければならない。
3:第1項の書類のほか、次の書類を主たる事務所に5年間備え置き、一般の閲覧に供するとともに、定款を主たる事務所に備え置き、一般の閲覧に供するものとする。
(1)監査報告
(2)理事及び監事並びに評議員の名簿
(3)理事及び監事並びに評議員の報酬等の支給の基準を記載した書類
(4)事業の概要等を記載した書類
(会計年度)
第三三条:この法人の会計年度は、毎年四月一日に始まり、翌年三月三一日をもって終わる。
(会計処理の基準)
第三四条:この法人の会計に関しては、法令等及びこの定款に定めのあるもののほか、理事会において定める経理規程により処理する。
(臨機の措置)
第三五条:予算をもって定めるもののほか、新たに義務の負担をし、又は権利の放棄をしようとするときは、理事総数の三分の二以上の同意がなければならない。

■第七章 解散
(解散)
第三六条:この法人は、社会福祉法第四六条第一項第一号及び第三号から第六号までの解散事由により解散する。
(残余財産の帰属)
第三七条:解散(合併又は破産による解散を除く。)した場合における残余財産は、評議員会の決議を得て、社会福祉法人並びに社会福祉事業を行う学校法人及び公益財団法人のうちから選出されたものに帰属する。

■第八章 定款の変更
(定款の変更)
第三八条:この定款を変更しようとするときは、評議員会の決議を得て、京都市長の認可(社会福祉法第四五条の三六第二項に規定する厚生労働省令で定める事項に係るもの
を除く。)を受けなければならない。
2:前項の厚生労働省令で定める事項に係る定款の変更をしたときは、遅滞なくその旨を京都市長に届け出なければならない。

■第九章 公告の方法その他
(公告の方法)
第三九条:この法人の公告は、社会福祉法人恵会の掲示場に掲示するとともに、官報、新聞又は電子公告に掲載して行う。
(施行細則)
第四〇条:この定款の施行についての細則は、理事会において定める。

■附則
1:この法人の設立当初の役員は、次のとおりとする。ただし、この法人の成立後遅滞なく、この定款に基づき、役員の選任を行うものとする。

理事長 F・B・サンデノー

理事 菊池隆之助

理事 安斉来

理事 谷田清文

理事 中堀忠三

理事 西出静枝

監事 細井修一

監事 桑山栄一

2:第五条で定める評議員の定数は、平成29年4月1日から平成32年3月31日までの間は、「4名以上」とする。
3:この定款は、平成29年4月1日から施行する。

 

報酬規程
(評議員の報酬等) 第八条:評議員は無報酬とする。 (役員の報酬等) 第二一条:理事及び監事は無報酬とする。

以上

ご意見・要望等申出窓口設置について

■ご案内
社会福祉法人 恵会,岩倉こひつじ保育園では子育て支援と子どもの健全育成を目指し、更なる資質向上するために、社会福祉法第82条の規定により、利用者の皆様のご意見・ご要望申出窓口を設置し、意見・要望に対して適切に対応する体制を整えることとしました。
 本園における意見・要望等の相談解決責任者、受付担当者、第三者委員を下記のように設置しました事をお知らせいたします。

1.相談解決責任者:高橋 しづ子 (岩倉こひつじ保育園園長)

2.受付担当者:各クラス担任

3.第三者委員:川口直也(川口法律事務所)

4.意見・要望等の受付解決方法

(1)意見・要望等の受付
意見・要望等は面接、電話、書面などにより受付担当者が随時受け付けます。尚、第三者委員に直接申し出ることもできます。

(2)意見・要望等の受付の報告、確認
受付担当者が受け付けた意見・要望等を相談解決責任者と第三者委員(相談者が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告します。第三者委員は内容を確認し、相談者に対して、報告を受けた旨を報告します。

(3)意見・要望等の解決のための話し合い
相談解決責任者は、相談者と誠意を持って話し合い、解決に努めます。その際、相談者は、第三者委員の助言や立ち会いを求めることができます。
 尚、第三者委員の立ち会いによる話し合いは、次により行います。
 ア.第三者による意見・要望の内容の確認
 イ.第三者による解決案の調整、助言
 ウ.話し合いの結果や改善事項等の確認

(4)都道府県「運営適正化」委員会の紹介
本園で解決できない場合は、下記の京都府社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申し立てることができます。

京都府福祉サービス運営適正化委員会
所在地:〒604-0874 京都市中京区竹田町通烏丸東入ル 京都府立総合社会福祉会館
電話:075-252-2152 / ファックス:075-252-6310

■ご意見・ご要望の相談における際の第三者委員の役割について
<第三者委員の役割>
ご意見、ご要望の受付担当者や責任者との話し合いだけでは納得いかない場合には、第三者の立場にある「第三者委員」が話し合いに立ち会い、必要な助言をいたします。
<第三者委員の職務>
 〇ご意見・ご要望の相談解決への立ち会い・助言
 〇ご意見・ご要望の直接受付
 〇相談内容を受けた旨の相談者への通知
 〇責任者よりご意見・ご要望の改善状況の告を受け、又保育園の日常的な状況を把握します。
<第三者委員の立ち会いによる話し合いの方法>
 〇第三者委員によるご意見・ご要望の内容の確認
 〇第三者委員による解決案の調整・助言
 〇話し合いの結果や改善事項のなどの確認
<第三者委員>
氏 名:川口法律事務所
所在地:〒604-8181 京都市中京区間之町通御池西南角 京ビル2号館5階
連絡先:075-251-7266

※第三者委員の立ち会い・助言が必要な際には、受付担当者に申し出て下さい。

 

※+をクリックすると開きます